100均ダイソーでやっと見つけた!耐熱機能付き計量カップ♪ | 100均探偵団

 

100均ダイソーで発見した「なるほど計量カップ」。

さいきんは目盛りが上から見えるのが当たり前の機能になってきましたが

ガラス素材でない耐熱計量カップは初めて遭遇。

これをずっと探してたんです・・・!

 

日本製。広口で注ぎやすく洗いやすさバツグン。

樹脂なのでガラスのように気をつかうこともありません。

 

 

 

スポンサードサーチ

素材はAS樹脂。「ABS」じゃないの?

 

 

「AS樹脂」って初めて聞きます。

ABS樹脂とは何が違うんでしょうか?

 

ASは「アクリロニトリル・スチレン(Syrene-Acrylonitrile)」のこと。

アクリロニトリルとスチレンの2種類の素材を合わせて作られているそうです。

いっぽうABSとは、

「アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(Acrylonitorile Butadiene Styrene)」のこと。

こちらはブタジエンを含む3種類の素材を合わせて作られています。

 

それぞれに特長があり、強度や成型しやすさ、耐衝撃性などに差があるとのこと。

目的に応じて用途が異なるそうです。(化学式はニガテなのでよく分かりません)

 

ASはABSより耐熱性があるため、この計量カップに用いられているのでしょう。

また表面強度にも優れているのだそうです。

 

 

 

300mlまで計量OK。薄くてツヤツヤしています。

広口なので中で調味料を混ぜやすく、食器洗いの際にもサッと洗えます。

 

熱湯を注いで側面から目盛りを読むのはけっこう危険でしたが

さいきんの100均の計量カップの多くが

このように上から目盛りを読むタイプになってきています。

 

日本製なので安全性もバッチリ。

ガラス素材は割れると危ないので使いたくなかったんですね。

今回、樹脂製を100均で発見できて大喜びです♪

 

 

 

今愛用中の100均計量カップは・・・

 

 

耐熱ではないのにうっかり熱湯を注いでしまい、それから

熱湯専用になっている100均ダイソーの計量カップ。

かなりの年季モノです。

 

何度も熱湯を注いでいる割にひび割れのみで

意外と使えていたのですが、今回新しいカップを見つけたので

そろそろお役御免に。(見た目もヒビだらけで酷いし)

 

 

2年ほど前に買った冷水用計量カップ(これも100均)

まだまだ使えますので、我が家はしばらく2個使いになる予定です。

 

キッチングッズの多くが100均商品です。

昔はキッチンツールは金物屋さんに買いに行ってましたが

さいきんでは100均に簡易版が揃っててありがたいです。

(本格派の金物はやっぱり金物屋さんが一番^^)

 

耐冷はマイナス20℃まで。

電子レンジNG、食洗器や食器乾燥機OK(上に物を重ねなければ)。

流線型ですごくキレイな形、洗練されたデザイン。

今まで買った中で一番のおすすめ計量カップです♪

 

100円ショップダイソー便利な目盛り「計量カップ」がスゴイ!

100円ショップミーツ「計量カップ1000ml」キッチンで大活躍!

100均ダイソーで冷蔵庫保管用の便利な米びつを買ってみた!

100円ショップダイソー【5年愛用】丈夫なざる&ボウルセット♪

 



スポンサードリンク


スポンサードリンク