ダイソーで買った「レンチン調理器具」の良いとこと悪いとこを紹介! | 100均探偵団

 

https://39mag.benesse.ne.jp/lifestyle/content/?id=22963

ダイソーで買った「レンチン調理器具」の良いとこ・悪いとこ

ダイソーって便利で面白いですよね。

あれが足りないけど、ダイソーならある!と買い物にいき、気がつけば、他のものもじっくり見てしまってついつい長居をしてしまう。

そんな経験、みなさんもあるのではないでしょうか。

陳列方法などがよく考えられていて、あれもこれもと、買ってしまいます。

ダイソーの商品は、昔と比べて、こんなものまであるの!と驚くアイデア商品が増えていて、実際に購入して、試したくなるものが多くなりました。

今回は、その中でも、簡単に調理することができる、ダイソーのレンチン調理器具にしぼって、良いところと悪いところを書いていきたいと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事:簡単に調理できる!!100円ショップダイソーの「レンジでどんぶり・目玉焼き」

これは便利!ダイソーのレンチン調理器具1つ目「電子レンジ調理器温野菜」

まず1つ目のレンチン調理器具は、電子レンジ調理器温野菜です。

この商品は、ブロッコリーやかぼちゃなどの野菜を入れて、レンチンするだけで、簡単に温野菜を作ることができます。

野菜の水分を利用して作るため、水を入れる必要はありません。

食卓に後一品欲しいときなどに、火を使わずに、手軽に品数を増やすことができます。

主婦には嬉しい商品ですね。

野菜によって、レンチンする時間は違いますが、付属の紙にまとめてあるので、それを参考にすればよいです。

また、万が一紙を無くしてしまっても、蓋に時間が書いてあるので安心です。

こういう細かな気配りが、ダイソーの商品の良いところだと思います。

このレンチン調理器具は、温野菜を作るだけにとどまりません。

たとえば、ポテトサラダを作るときも、鍋を使わずに、じゃがいもをふかすことができます。

後は調理器具に入れたままつぶして他の具材と混ぜてマヨネーズをかけてしまえば、洗い物も少なく、調理することができます。

さらには、カレーやシチューを作るときにも、じゃがいもやにんじんをあらかじめレンチン調理器具でチンしておけば、鍋でゆでる時間を短縮することができます。

ただし、野菜は1種類ずつ入れるようにしてくださいね。

さて、この商品の利点は十分に伝わったと思うので、悪いところもあわせて書きたいと思います。

それはただ1つ、レンチン調理する時間が、600wでしか表記されていないことです。

我が家の電子レンジは、500wしかないため、ここが少し残念でした。

もちろんこれは、スマホのサイトで、600wでのレンチン時間を500wの時間に変換してくれるものがあるので、そちらを使えば、すぐにわかりますし、スマホが手元に無くても、野菜の状態を見ながら何度かレレンチン調理すればよいので、一概に、悪いところとはいえません。

気にならないという人もいると思います。

手軽に温野菜を作ることができて、他の料理にも使える便利なレンチン調理器具、電子レンジ調理器温野菜。

気になる人は、お試しください。

関連記事:100均ダイソー:電子レンジパスタ作成器、注意事項&作り方のコツ

朝食に!お弁当に!ダイソーのレンチン調理器具2つ目「レンジで簡単だし巻きたまご」

朝の忙しい時間帯、朝食やお弁当を作りながら、洗濯をしてと、やらなくちゃいけないことはたくさんあります。

できれば、手軽におかずを作りたいですよね。

そんなときには、ダイソーのレンチン調理器具、レンジで簡単だし巻きたまごがオススメです。

この商品を使えば、誰でも簡単に、出汁のきいた美味しいたまご焼きが作れます。

使い方は簡単です。

透明の容器に水とたまごを入れてよくかき混ぜてレンチン。

終わったら、顆粒だしをかけて、かき混ぜて再度レンチン。

取り出したら、炒り卵のような状態になっているので、それを黄色い押し型蓋を使って、押し込み、固定して、1分間待てば出来上がりです。

たったこれだけの作業なので、慣れたら、子供でもできるかもしれません。

お子さんを料理好きにする第一歩にも、よいでしょう。

ちなみに、顆粒だしは、液状の白だしなどを使っても、変わらずおいしく出来上がります。

実際に作ってみるとわかりますが、まるでプロが作ったように、きれいなだし巻きたまごが出来上がります。

思わず写真に取りたくなるほどです。

味もとっても美味しいです。

では、そんなレンチン調理器具、レンジで簡単だし巻きたまごの、悪いところはどこでしょう。

それは、洗うのが大変だというところです。

器具が、透明の容器と黄色い押し型蓋の2つがあり、どちらにも卵液が付きます。

少々洗いにくい構造のため、ちょっと面倒と思う人もいると思います。

また、きちんと時間や量を守っても、レンジによってはうまく固まらなかったりするので、最初は、ご家庭のレンジではどのくらいの時間でするとよいのか、試行錯誤する必要があるかもしれません。

レンチン調理器具で作ったとは思えない、驚きのクオリティのだし巻きたまごを作ることができるこの商品。

1度は使ってみてほしいですね。

関連記事:100均ミーツ”半熟卵風”電子レンジ調理器で夜の小腹対策♪

飲み会終わりに!1人ランチに!レンチン調理器具3つ目「レンジでラーメン丼いらず」

飲み会終わりにシメのラーメンが食べたい…。

1人のランチ、簡単にすませたい。

そんな、作ることそのものが面倒なとき、ありますよね。

そんなときには、ダイソーのレンチン調理器具、レンジでラーメン丼いらずが便利です。

この商品を使えば、簡単に、レンジでラーメンを作ることができてしまいます。

作り方は、水と麺を容器に入れて、レンチン。

そして取り出したら、スープを入れて完成です。

具材を入れるときは、麺の下に入れることで、一緒に調理できます。

容器をそのまま器として使えるので、洗い物も少なくすみますね。

そんなレンジで簡単に、ラーメンを作ることができる、レンチン調理器具、レンジでラーメン丼いらずですが、1つ難点があります。

それは、レンジにもよりますが、時間がかかることです。

500wの場合、7分待たなくてはいけません。

お腹が空いて、とにかくはやく食べたいなんてときには、普通に鍋で作ったほうがよいかもしれませんね。

それでも、洗い物も少なく、レンチンだけで作れるこの商品はとても便利だと思います。

本来の用途で使わないときは、普通の蓋付きの食器として使うのもアリだと思います。

気になる人は、使ってみてください。

ダイソーは、レンチン調理器具だけでなく、他にも便利な商品がたくさんあります。

ぜひ、ご自身の目で、商品を見てみてください。

きっとあなたが必要とする商品があるはずです。

関連記事:100均ダイソー:電子レンジでラーメンができる超便利な器を発見!



スポンサードリンク


スポンサードリンク