とっても優秀!100円ショップCanDoの「メイクブラシ」 | 100均探偵団

素敵なメイクには道具選びも大切。メイクブラシ使っていますか?

なんでもそろう100円ショップ。

コスメの種類・カラーの豊富さとそのクオリティが年々高まっていることはご存知の方も多いはず。

コスメはブラシやチップなど、道具次第で発色や化粧ノリが変わってくると言われており、100円ショップのコスメでも道具次第でデパコスに負けないくらいのいい仕事をしてくれます。

みなさんメイクブラシ使っていますか?

メイクブラシといえば熊野筆が有名ですが、熊野筆をネットで検索してみると…その値段の高さに驚きます。

高いブラシを買える余裕があるのであれば、そりゃいいブラシが欲しいに決まっている。

でも学生さんや主婦の方には手が届きにくいですよね。

それに、熊野筆は天然毛なのでお手入れもきちんとしないとどんなに効果でもすぐに痛んでしまいます。

ブラシとしての機能をきちんと果たしてくれて、お手入れも簡単、さらにコスパの良いものがあればこれに勝るものはないですよね。

「でもそんな都合のいいアイテムどこにあるの?」

ご安心ください!

そんな素敵でとっても優秀なメイクブラシが、実は100円ショップにもあるのです。

それが、Can Do見つけた「ハイライトブラシ」。

普段から100円ショップのメイクブラシを愛用されている方でも、「え、そんなブラシあったの?!」と驚くこと間違いなしです。

関連記事:春らしいメイクにも大活躍!100円ショップキャンドゥのアイシャドウブラシ

100円ショップのブラシのイメージと足りなかったメイクブラシ

ダイソーやセリアでも、人気のメイクブラシはたくさんあり種類も豊富です。

私も、これまでに数々のメイクブラシを購入してきました。

とても小さなアイライナーブラシ、アイシャドウを乗せるためのアイシャドウブラシ(大抵、大と小の2サイズ)、チークブラシ、ファンデーションブラシなどなど…。

でも、どうしても一つだけ、たった一つだけアイメイクには欠かせないブラシであるのに、100円ショップにはないブラシがあったんです。

それが、ブレンディングブラシです。

ブレンディングブラシとは、アイシャドウをブレンドするために用いられるブラシのことで、濃い色のアイシャドウを薄い色のアイシャドウを重ねてぼかしていく際に用いられるブラシです。

このブレンディング作業を行うことで、目元に自然なグラデーションを作ることができ、100円ショップのアイシャドウでもデパコス顔負けの仕上がりにすることができます。

綺麗な目元を作るためには、ブレンディングブラシは欠かせないアイテムなのです。

しかし!100円ショップにはこんなにもたくさんのメイクブラシがあるにも関わらず、ブレンディングブラシにできるような(代用できるような)ブラシはこれまで100円ショップにはありませんでした。

100円ショップのメイクブラシは、アイシャドウブラシでも大小と2サイズあるのですが、小さすぎたり、毛量がたりなかったり、毛足がたりなかったりという問題がありました。

綺麗にブレンドするためには、ある程度の毛量と毛足の長さが必要になるため、代用すら難しかったのです。

関連記事:100均ダイソー「エクスプレスアイシャドーペン」グリーンレビュー

これぞ探し求めていたブラシ!Can Doでみつけたハイライトブラシ

もう諦めていたある日、いつも通りCan Doをパトロールしていたところ、まさに私の理想としていたブラシがあったのです。

それが「ハイライトブラシ」

本来の使用目的は名前の通りハイライトを乗せるためのブラシなのですが、これが毛量・毛足の長さともに、理想のものだったのです!

むしろ、ハイライトブラシとしてはちょっとコンパクトすぎるため、ハイライトを乗せるのに何度も筆を動かす必要があります。

驚きと感動で購入して帰り、早速使って見ましたが、予想通り。

ブラシが大きすぎず小さすぎずちょうどいいサイズのため、とても使いやすい。

主な材質としては、毛の部分がナイロン、持ち手は木、接続部分はアルミとなっており、軽くて使いやすいのが特徴。

100円ショップのブラシはチクチクしたり、ゴワゴワしそうというイメージがあるかもしれませんが心配はご無用。

ナイロンですが、肌に垂直に毛を当ててもチクチクせず、やわらかく肌当たりがとても優しいです。

そしてナイロンなので、ティッシュで拭けば軽い汚れは簡単に落とせますし、汚れがたまってきたら遠慮なく洗うことができます。

持ち手部分の木は黒のためシンプルでデザイン的にも素敵です。

最近はシンプルやモノトーンが流行っていることもあり、100円ショップもシンプルなデザインのものが増えてきている点も嬉しいところです。

机の上やメイクボックスはごちゃごちゃと散らかりがちなので、統一感のあるシンプルなデザインであることは意外と重要なポイントです。

そしてこのハイライトブラシ、ブレンディングブラシとしてだけでなく、ノーズシャドウを入れるのにも抜群のサイズ感なのです。

肌から少しだけ濃いトーンのパウダーを眉のやや内側から当ててやれば、これまた綺麗なノーズシャドウを入れることができます。

いかがでしたでしょうか?

普段から100円ショップを愛用している方にも、100円のブラシなんてと思っていた方にも、どちらにも是非試していただきたい商品です。

置いてある店舗とない店舗があるので、是非見つけたときはチェックしてみてくださいね!

関連記事:100円ショップキャンドゥのプチプラコスメ「ミオピッコロ MP フラワー クリームアイズ」

関連記事:100円ショップダイソーの「アイシャドウ」は使える!



スポンサードリンク


スポンサードリンク