100均ダイソーぼんちの「綱揚げあられ黒コショウ味」の魅力炸裂 | 100均探偵団

100均ダイソーにたいてい置いてある

あの有名菓子メーカー”ぼんち”の綱揚げあられ。

 

ドレッシング味と黒コショウ味がありどっちもイケルのですが

私としては黒コショウ味を推したい。全力の黒コショウ推し派です。

 

これ、個人的にはかっぱえびせんより止まらない味わいなんですよ。

 

すごい中毒性。しかも100均にあるとくれば

毎回発見するたびに買ってしまうのは仕方ないことなんです・・・!

 

 

スポンサードサーチ

100均のぼんち菓子、おそるべし・・・!

 

今、この画像を見ているだけでも、

無性に黒コショウ味が食べたくなるほど

私を魅了してやまないのはなぜなのか?

 

ものすごい吸引力です。

 

 

個人的な好みで申し訳ないのですが、私の趣向としては

あられ系メーカーだと”亀田さん&ぼんちさん”の2択なんですね。

 

食感、味、中毒性・・・どれをとっても負けず劣らずな2社。

 

けっこう黒コショウのパンチが効いていて喉も渇くんですが、

飲み物をガブ飲みしてでも食べ続けたい魅力的な味わい。

 

 

うっかり1袋まるまるいってしまえば

なんと421㎉という恐ろしい数字を叩き出す。

 

お夜食に頂くには少々ハイカロリーすぎますが、

 

 

このとおり、画像から漂ってきそうな黒コショウの量。

”大航海時代の香り”と称されるほどエキゾチックな風味。

 

 

「この辛さじゃ、かなり塩分が多いのでは?」と心配になってきますが、

1袋で1gなんですね。(多いことは多いですが)

 

 

これは、あられの表面に塩分がまぶしてあるために

塩辛く感じるのであって、実際にはアラレ内部にまで

塩分が染み込んでいるわけではないのでしょう(たぶん)。

 

(食材に練りこんであるもののほうが、塩分過多のことが多い)

 

 

事実、「サックサクが止まらない」!

 

 

綱揚げあられの魅力の1つに、

”食感がいい”ことが挙げられます。

歯ごたえがザクザクしていて、これも中毒性が高いんですね。

 

ポテチでも、厚切りの山切りカットが人気ですが

それと同じ現象が、この綱揚げあられ界でも起きているのです。

 

そして、この<アルミ包装UVカット>というのも

新鮮な味わいに貢献しています。

 

 

油分は、光で劣化します。

もしこのお菓子の袋が透明だったら、可視光線により

あられ表面の油が劣化し、美味しさを損なってしまう筈。

 

 

ですが、アルミ箔で包装されている上、紫外線もカット。

Wの防御で美味しさを保持している、というワケです。

 

 

たしかに油焼けを起こしたフライ菓子ってほんと味が落ちます。

これを防いでくれる密閉袋。素晴らしい仕組みです。

 

 

途中で食べるのをやめて(やめられればですが)、

きっちり(それこそ100均のシーラーなどで)封をしておけば

美味しさはしばらく保てるパッケージとなっているんです。

 

私のおすすめ100均菓子「綱揚げあられ」黒コショウデータ

正式名称:70g綱揚あられ黒こしょう味

 

原材料名:

生地(小麦粉、コーンスターチ(遺伝子組換えでない)、米粉、食塩)、

植物油脂、粉末黒こしょう、食塩、ガーリック粉末、チキンコンソメシーズニング、

昆布粉末、かつおだし粉末、膨張剤、調味料(アミノ酸等)、

香料、(原材料の一部に大豆を含む)

 

栄養成分表示(1袋):

エネルギー:421kcal

たんぱく質:2.4g

脂質:29.5g

炭水化物:36.5g

ナトリウム:392mg

 

おつまみにもピッタリ。たしかにお酒に合いそうです。

 

Amazonさんだとまとめ買いも可能。

ですが、危険すぎるので私は100均で買うにとどめます。

 

100均のが若干値段もお安いです♪オトク。

 

100円ショップダイソーでまたまたお菓子調達♪美味すぎる…!

100均ダイソー菓子を部屋持ち込みでコッソリ食べる至福…!

100円ショップダイソーでピクニック用菓子&飲み物を事前購入

100均ダイソーでよく買う幼児用菓子♪ラムネ&ビスケット編

 



スポンサードリンク


スポンサードリンク