100均ダイソーのエジプトっぽいフェイクグリーンが実家にお目見え

母が100均ダイソーで、フェイクグリーンをしょっちゅう買ってきます。

 

デパートにあるフェイクグリーンはもちろんステキだけどかなり高額。

数万円とか普通にするので、100均で調達するうち、ハマったみたいです。

 

今回は、茎の長いトゲトゲした葉っぱのを買ってきました。

 

 

この植物は「ドラセナ」とかいうらしい

 

なぜかこのグリーンを1本しか買ってこなかった母。

「もっとたくさん買ってきたら良かったのに」と言うと、

 

「すでにウチにあるから、もう1本足したかった」

 

とのこと。バランス的に1本だと変だったみたいです(笑)

 

この尖ったアロエのような葉っぱの植物は「ドラセナ」といい、

亜熱帯地域(アフリカとか)の観葉植物だそうです。なかなかリアル・・・!

 

葉の先端が黒ずんでいるのとか、色が鮮やかな緑すぎないところとか、

かなり100均のグリーンも本格派志向になってきてますね。

 

 

そういえばこのドラセナ、ダイソーに本物の鉢植えが置いてあったのを思い出しました。

スズラン科なので、白い筋模様が葉っぱに入っているのが特徴。

 

 

腕に自信のある母、ダイナミックな活け方をする

 

「すでに1本あるからもう1本」という母、

どんなふうに活けるのかと見ていると・・・

なんともダイナミック&エキゾチック!!!

 

私はこの活け方を見て「エジプトっぽい」と思わずつぶやきました。

なんかこう、クレオパトラが玉座の後ろに生やしてそうじゃないですか?(笑)

 

ちょっとトゲなしアロエっぽいというか、サボテンぽいというか。

100均グリーンのおかげで、いきなり砂漠感のある空間になりました。

 

母は「ほかにも100均で買ったグリーンがいっぱいあるんよ」と言って

どこからか出してきたのが、

この丸っこい葉っぱのフェイクグリーン。これは去年見たことがあります。

 

 

最初、この丸い葉シリーズと一緒の花瓶に、上のドラセナを活けてたんですよ。

「全然合ってない・・・!」と思ったのですが、

母は生け花経験があるらしく、自信満々です。

 

「真(しん)・副(そえ)・体(たい)」の生け花基本ルールを唱えつつ、

肝心のグリーンは2本しかありません。

 

 

でもそういうアバウトなところが母流です。

 

 

ほかにも母、100均フェイクグリーンを10種類ほど保管しており、

「こんなのもあったんやね~」とホクホクして飾り始めました。

 

思ったんですが、お花って花瓶が大事ですね^^

100均のお花でも、花瓶がリッチなら高級なお花に見えてくるフシギ。

 

 

100円均一ダイソーで、本物みたいなフェイクグリーン発見!

100円ショップダイソー・フェイクグリーン活用でナチュラル演出

100均ダイソーで観葉植物代わりにワイヤー入フェイクグリーン(造花)をフル活用

100均ダイソーで母親がユーカリの造花を買ってきたので・・・

 

 

 

 




スポンサード リンク
100均4コマ漫画
↑100均探偵団の4コマ漫画です☆