100均ダイソー:厚み調節スライサー(¥300)、がっかりポイントcCIMG0734100均ダイソーの「厚み調節スライサー」(野菜用)。

300円だけど、「日本製だし厚みが変えられるのはいいかも?」と思い購入。

安全装置があればバッチリでした、惜しい!

【日本製だから、「安全装置は付いてる」と思い込んでしまった】

知人から「100均スライサーは使える」と聞いて、さっそく買いにいったら、どれかわからないくらい種類がありました。

にんじんやジャガイモ用のピーラータイプとか、野菜ごとのスライサーがいっぱい!

どれがいいのか分からず、性能のよさそうな日本製のこれを選んでみました。

cCIMG0735100均の中の「300円」は、ちょっとお高い(?)商品。

野菜の千切り、細切り、薄切りなどがニガテで時間がかかるので、時短のためにスライサーを探してました。

cCIMG0737開封後です。刃のところに安全シールが貼ってあったので気づきませんでしたが・・・

cCIMG0787じつは、刃がむき出し!(笑)カバーとか付いてるものだとい思ってました。

小さいお子さんのみならず、オトナでもこれはちょっと要注意なレベル?

鋭い刃には段差があり、スライスの終わり頃は、手をスライスしてしまいそう・・・怖いです。

材料が小さくなったら、100均の「スライサー専用ホルダー(別売)」で野菜をホールドして切る必要があるみたいです。

まずは、焼きそばをつくるため、キャベツを千切りしてみたいと思います。

【厚み調整は、本体裏側の黒いスライダーで。まずは真ん中でトライ】

cCIMG0788この黒いつまみで、切る野菜の厚みを変えられるそうです。

0,3~2,5mmの間で微調整OK!これはすごくイイかも♪サラダのときのキュウリの薄切りとか、けっこう大変ですしね。

このスライサーで切れる野菜は、「たまねぎ、ピーマン、キャベツ、ジャガイモ(ポテチ作りなど)」。

キャベツの千切りがどれくらいの細さか、ちょうどスライダーを真ん中にしてカットしてみます。

cCIMG0789キャベツは1/4くらいにカットしないと、スライスしづらいですね。

最初、丸ごとキャベツでスライスしてたら、まわりにキャベツの千切りがはみ出して落ちまくりました(笑)。

真ん中でもかなり細い!とんかつ屋さんの大量キャベツよりも細い感じです。

焼きそば用なのに、ちょっと細切りしすぎた感。食べごたえがなくなっちゃうかも。

熱を加える野菜のときは、ちょっと厚めでOKみたいです。

やっぱり、キャベツをスライスしていて、持つところがなくなってくると、手が切れそうになって怖いですね(汗)。

途中から包丁に切り替える必要があります。

安全バーみたいなのが付いててくれれば・・・!ホント、ここは惜しい点です。切れ味は抜群なんですけどね。

cCIMG0791刃が鋭いので、サクサク切れて、いきおい余ってキャベツ半分をスライスしてしまった・・・!

スピードはほんと早いです♪包丁と比べたら、断然ラクチンだしキレイに切れます。この点はすごくいいです。

フライパンにあふれんばかりのキャベツ(笑)。麺を入れるスペースがなくなっちゃいました。

100均スライサー(¥300)、お店みたいにキレイにカット可能ですが、手まですりおろしてしまわないよう注意が必要みたいです(笑)。

ちょっと!キャベツ多すぎじゃない?(笑)焼きそばならザク切りのほうがおいしいわよ♪



スポンサード リンク
100均4コマ漫画
↑100均探偵団の4コマ漫画です☆